スタッフ情報日常趣味音楽

今、一番チケットを取りにくい劇団

投稿日:

一番チケットを取りにくい劇団と言われている「劇団新感線」、新幹線じゃないですよ!?

ご存知の方も多いと思いますが、演劇と時代劇と歌舞伎とミュージカルの融合が、ロックバンドの演奏をバックに繰り広げらて、それはそれは楽しめる面白い舞台なのです。

今回は、東京の豊洲にある「ステージアラウンド東京」での公演を、同時にこっちの映画館で観れるライブヴューイングってものに行ってきました。

関西での公演の時はたいてい舞台を観に行っているのですが、ライブヴューイングは初めての経験でした。生で見る舞台の臨場感は少し欠けますが、見所や俳優さんがアップで観れるので、それはそれで違った楽しみ方があります。

今回の主役は俳優の阿部サダヲさんで、歌が上手いんだ~ってテレビでは見ない新発見。早乙女太一さんの殺陣は・・・本当に美しい!しなやかで流れるような、舞のような殺陣でした。

たまにあるハプニングのアドリブも、さすが強者どものアドリブはセンスが良い!映画館であんなに声を出して笑ったのも初めてでした。

一つだけ違和感があったとすれば、時々拍手をしたくなること。舞台だと区切り区切りで拍手しますよね。映画館なんで・・・誰も拍手をしないのです。思い切って拍手したら、みんなしたのかも知れませんが、その勇気はありませんでした。

豊洲(何かと話題の!?)の「ステージアラウンド東京」は、中央の客席の周囲にいくつかの幕(ステージ)があって、幕ごとに客席が回転して幕を移るんだそうです。

一度行ってみたいな~